環境にやさしいポラコン(水質浄化、河川緑化の特徴を活用したポーラスコンクリート)

トップページ > 環境にやさしいポラコン

環境にやさしいポラコン

環境にやさしい河川は、もともと自然に水質を浄化する作用(自浄作用)を持っていました。これは、川底の小石や砂に付着しているバクテリアによって河川水中の有機物が取り込まれ、バクテリアは原生動物に摂取され捕食されるという食物連鎖がおこることによるものでした。

ところが、この数十年で河川の自浄作用は著しく低下し、河川や湖沼のそこにヘドロが蓄積され、悪臭も発生するようになりました。そこで、河川が本来持っている自浄作用を高めるために、各微生物が十分に活動できる場を作るためのポラコン(ポーラスコンクリート)、つまり、 水辺の環境と自然を活かした景観を作るバイオポラコン が作られました。

■グリーン購入法の導入

2001 年 4 月にグリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律)が施行後、資材などに関しても環境への配慮が着目されてきました。バイオポラコンを始めとしたポラコン(ポーラスコンクリート)製品は国や多くの地方公共団体に、特に重点的に 調達を推進すべき環境物品等 ( 特定調達品目 ) として選定されています

■環境にやさしいポラコンの特徴

環境にやさしいポラコンは、ポラコン(ポーラスコンクリート)の特徴である透水率の高さや空隙の大きさから河川の浄化、雨水の浸透による河川の緑化などに利用されています。また、環境にやさしいポラコンの中には、バクテリアの繁殖による微生物の繁殖を促進するバイオポラコンもあります。

■環境にやさしいポラコン製品

ポラコン(ポーラスコンクリート)は、水質の浄化や河川の緑化といった利点から、バイオポラコンの他、緑化ブロックや水棲ポットなど様々な製品に利用されています。

環境にやさしいポラコン