浸透桝などを利用した雨水貯留・貯留浸透工法

トップページ > 浸透ポラコンの特徴を活かした「雨水浸透・貯留浸透工法」

浸透ポラコンの特徴を活かした「雨水浸透・貯留浸透工法」

■雨水貯留・貯留浸透工法とは

都市化により雨水の浸透が減少すると、防災上では洪水流量を増大させ、環境上では湧き水の減少による河川の汚濁が進行します。雨水浸透・貯留浸透工法は降雨量をできるだけ自然サイクルに復元し、その流域、あるいは地区単位ごとに 洪水防御機能 環境保全機能 を持たせようとする手法です。

出抑制施設は、雨水浸透・貯留浸透工法併用型と雨水貯留型に大別できますが、都市部での占有面積と総合的水環境の保全を考慮すると 雨水浸透・貯留浸透工法併用型の優位性が認められています。

■雨水貯留・貯留浸透工法の用途

雨水流出抑制施設の概要
雨水浸透効果の高い浸透ポラコンを使うと、水資源の確保や環境汚染防止に役立つ

  • 地下水の涵養と水資源の確保
  • 浸水地域の解消及び河川の汚濁防止
  • 平常時の河川流量の減少防止及び汚濁防止
  • 地盤沈下の防止
  • 植生枯渇防止
  • 海水の逆浸透による塩水化防止
  • 用地、敷地内の水処理施設規模の拡大防止

浸透桝などを利用した雨水貯留・貯留浸透工法