雨水浸透工法や貯留浸透工法に利用される浸透ポラコン

トップページ > 浸透ポラコンとは

浸透ポラコンとは

浸透ポラコン雨水浸透効果の高い浸透ポラコンを利用した施設の建設現場

浸透ポラコンは、ポラコン(ポーラスコンクリート)の持つ雨水処理量の高さから、雨水を地下に浸透させるための浸透施設を昭和 50 年代後半にポラコンで造ったのが始まりです。

浸透ポラコンには、主として 浸透トレンチ に用いられる浸透ポラコン管。トレンチ管と連結して用いる浸透ポラコン桝貯留量の大きい 大型の浸透ポラコン井戸駐車場や道路施設 として用いられる浸透ポラコン側溝などがあります。

浸透ポラコン浸透ポラコンにより、雨水浸透効果が高い

浸透ポラコンは、浸透実験を多数行い、目詰まりデータなどを蓄積し、独自の「 雨水設計指針(案) 」などの提案を行い、『地盤の持つ浸透能力を十分生かし、かつ目詰まりに対して耐久性の高い浸透型流出抑制施設』として、建設省の建設技術評価(建設大臣評価)を昭和 63 年に受け、今日まで多くの実績を残しています。

また、流出抑制以外の新たな役割( 水資源としての地下水の保全河川の平時流量の確 保、さらに 地中生態系の保全ヒートアイランド現象の防止 等)も期待されています。

■浸透ポラコンの特徴を活かした「雨水浸透・貯留浸透工法」

雨水浸透・貯留浸透工法は、ポラコン(ポーラスコンクリート)の持っている雨水処理量の高さを利用して 都市化により雨水の浸透が減少した地域に洪水防止・環境保全機能を持たせようとする手法 です。

■浸透ポラコン製品の紹介

浸透ポラコンはポラコン(ポーラスコンクリート)の持つ特徴から 浸透桝 や浸透トレンチに使用される 浸透ポラコン管 など多くの製品に使用されています。

雨水浸透、貯留浸透工法に利用される浸透ポラコン