集水ポラコンは、透水性・集水性の高いポーラスコンクリートです

トップページ > 集水ポラコンの特徴

集水ポラコンの特徴

■透水率が良い

ポラコン(ポーラスコンクリート)は特殊な製法により、製品全体に約 0.5mm 〜 0.8mm の大きさの空隙が出来ています。集水ポラコンの空隙は普通の有孔管と比較すると、およそ 8 倍から 12 倍も多い空隙です。

これは集水ポラコンが径の小さいものでも 大きな集水効果を発揮する といえます。径の小さいもので間に合うということは、それに付随する他の費用、例えば掘削、配管、フィルター材、埋戻等が減少しますので、集水ポラコンを利用する事により 非常に廉価 になります。

■目詰まりをしない

有孔管やその他の暗渠排水工事などで一番問題になるのは、布設後間もなく目詰りをしてその効果がなくなることによります。その最大の理由は集水孔に入る場合に生ずる流速の増加です。流速の増加は有孔管では通常 200 〜 400 倍になります。これだけの倍率になるとかなりの土粒子を流し込んでしまいます。

しかし、ポラコン(ポーラスコンクリート)の場合は流水がどの部分からでも自然にスムーズに吸い込まれて行き、 流速の変化を極めて小さくする ことができます。これが、集水ポラコンが目詰まりをしにくい理由であり、ポラコンが 地下排水・暗渠排水に利用される 理由です。

目詰まりをしない
ポラコン(ポーラスコンクリート)は他の有孔管と異なり、流水がどの部分からでもスムーズに流れますので、目詰まりしません。

■フィルター材の選択幅が大きい

集水フィルター材集水ポラコンを利用したフィルター材

集水フィルター材として必要な条件は地盤の透水係数で変化しますが、ポラコン(ポーラスコンクリート)は調整を行った適度な大きさの連続空隙を持っているので集水ポラコンを利用する事により、 種々の材料がフィルターとして使用出来ます

■強度が大きい

ポラコン(ポーラスコンクリート)はセメント系材料から造られた無機材料なので、 剛性および強度が大きくなります 。そのため、集水ポラコンは種々の埋設条件下で使用出来ます。

■様々な施設や環境で利用できる

従来のコンクリートは透気、透水の少ないものが理想とされ、その分野もこの特性を発揮できる範囲に限られています。ポラコン(ポーラスコンクリート)は骨材粒度を限定して特殊なセメントペースによって結合し、連続性空隙を形成したコンクリートであり、 透水性が優れ透水量の調整が可能です

このような特徴を持つポラコンの利用分野は極めて広く、集水ポラコンは従来考えられなかった施設に有利に使用できます。

透水性・集水性の高い集水ポラコン